手術室のような環境で

PCを触るスーツの男性

パソコンやモバイル機器などが普及していくとともに、データを復旧させる技術の重要性も高まっていきました。
ビジネスで利用しているパソコンのhddを失うと、これまでの顧客データや取引内容が読み取れなくなり、会社にとって致命傷になりかねません。
そこでハードディスクのデータ復旧を専門としている会社に依頼をします。
大手の会社では、まるで手術室のようなクリーンルームを保有していて、完全装備となる作業服を着用した人しか入れない状態になっています。
ディスクの物理障害を修復するには静電気が発生しないようにしなくてはなりませんし、ディスクに書き込まれた機密情報が漏洩しないよう、高いセキュリティ性を保つことで顧客に安心して依頼をしてもらうのです。

hddが正常に読み取れなくなった時、まずは可能な対処法を試みるものです。
再起動を行ったり、一度取り外してホコリを取り払うなどの方法であれば素人でも対応は可能ですが、手順によってはハードディスクに大ダメージを与えてしまう可能性がありますので、データ復旧会社のスタッフと電話で直接やり取りをします。
ディスクが故障し大切なデータを失ったことにより動揺している顧客を安心させ、状況をしっかりと聞き取ってディスクを送付してもらう前に的確な診断を下せるスタッフは重要な役割を果たします。
送付する段階においてもパソコンから取り外す必要の有無や発送の仕方などを正しく伝えなければ、送付中にさらなる故障を引き起こすケースがあるからです。

パソコンに詳しくないのであれば無理に分解をせず、そのままデータ復旧を専門とする会社に送付してしまった方が安全です。
ただし公式サイトなどではクリックをしていくことで自己診断ができるコンテンツを用意しているケースがありますので、無駄なhdd送付とならないようにすることが大切です。
また、ある程度パソコンの知識があるならば、データを復旧させるためのソフトを利用するという方法もあります。
有料で市販されている場合もありますし、インターネット上には無料で配布されていることもあります。
ただし、いずれの方法においてもデータが必ず復旧できるという保証はありませんので、日頃からのバックアップが重要でありバックアップソフトなども関連サービスの一つとなっています。

オススメリンク

日本データテクノロジーへ復旧依頼をするならこちらを参考に!:データ復旧業者の評判を調査

セキュリティには注意

トラブルが起こったとき、OSに付属している「システムの復元」などのツールを使って復元ポイントに戻る行為は、より事態を悪化させる恐れがあります。
そして、よほどの知識がある人意外は分解して直せる可能性は低いです。
たとえ知識があっても、作業はほこりが舞う心配のない場所で行われなけ…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー